> 唐泊の漁業

唐泊の漁業

唐泊では主に次のような漁業を行っています。

  • タイ二双吾智網(曳き網) ・・・ 4月~12月
  • あぐり網(まき網) ・・・ 1月~3月 ※都合により休漁中
  • カナギ網(※カナギ=イカナゴのこと) ・・・ 3月
  • カキ養殖(※詳細は恵比須かきを参照)

その他、一本釣り、採貝、建網、イカ籠などありますが、唐泊の水揚げの中心となっているのは、タイ二双吾智網とカキ養殖です。
ここでは、タイ二双吾智網を少し説明したいと思います。

そうごち網漁業操業図

吾智網シーズンの4月から12月。昼間は比較的静かな漁協1階部分の荷捌き所ですが、夕方になると運搬用のトラックが入ってきて、地区内にアナウンスが鳴り響きます。船の帰港時間を知らせる放送です。
現在、唐泊では昭和丸・豊久丸・共栄丸・共漁丸という4統の二双吾智網漁船が操業しています。

では、出荷までの様子を紹介します。

19時前後に帰港する船

早朝4時頃に出港し、19時前後に帰港します。

水揚の準備

船が着岸するのに合わせて、魚箱に敷く氷、トラックに積み込むためのローラーを準備します。

皆で積み込みの作業

船員、漁協職員、船員の家族等が中心となって、みんなで協力して積み込みの作業を行います。

大忙しの箱詰め作業

大漁のときは箱詰め作業も大忙し。

バトンリレーのような作業風景

バトンリレーのように、次々と箱を流していきます。

保冷のための氷

氷も手作業で1つ1つ敷いていきます。
なかなか大変です。

積み込みのためのトラック

無事に積み込みが終わったら、そのまま魚市場へと運ばれます。

笑顔いっぱいの子供たち

(オマケ)子供たちがたまたま見学に来ていたので記念撮影。